CONTENTS

複写伝票について

企業の経理担当として働いている方であれば、伝票はなじみ深いアイテムではないでしょうか。仕事で扱わない方でも、郵便小包などに貼られている伝票用紙を目にしたことがあるはずです。そんな伝票に使用される、ノーカーボン紙についてご存じですか。

ノーカーボン紙とは

一番上の紙に記載した内容が、なぜ何枚も下の用紙に複写されるのか、疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。複写伝票が「複写」されるのには、複写伝票に使用されている紙が大きく関係しており、現在は「ノーカーボン紙」が使用されていることが多いです。ノーカーボン紙は、「上用紙」「中用紙」「下用紙」と呼ばれる3つの紙から構成されています。上用紙は、紙の裏面に発色剤を含んだマイクロカプセルを塗布したものです。表面に顕色剤、裏面にマイクロカプセルを塗布したものが、中用紙で、表面に顕色剤のみを塗布したものが下用紙です。

文字が複写される仕組み

上用紙と中用紙の裏面に塗布されている微細なカプセルであるマイクロカプセルの中には、油に溶かした塗料が入っています。また、中用紙と下用紙の表面に塗布されている顕色剤は、マクロカプセル内の塗料と触れると化学反応が起こります。化学反応の結果、記載した文字が一枚目以降の紙にも発色されるのです。上用紙、中用紙、下用紙の順に重ねた紙の上から文字を書くことで、筆圧でマイクロカプセルが押しつぶされカプセル内から塗料が出て、顕色剤と反応するという流れです。

激安で伝票印刷を依頼するために、複数の会社に見積りを出してもらい検討しようとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。伝票印刷をご希望の方は、ぜひ弊社にもお見積りをご依頼ください。格安で様々なタイプの伝票印刷に対応しておりますので、多くの方にご納得いただけると思います。値段とサービス内容についてはサイト内でも紹介していますが、さらに詳細が知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。短納期での複写伝票印刷をご希望の方は、お見積り時にご相談ください。

Copylight 2014 Wakayama Printing Co., Ltd. All rights reserved.