CONTENTS

印刷物発注の前に

ほとんどの企業様に必要不可欠な伝票ですが、印刷伝票を依頼する前には注意しておきたいポイントもあります。
納期が気になるなら、データ入稿がおすすめです。

印刷物発注をスムーズに進めるために

印刷物の発注をスムーズに進めるためにも、あらかじめ印刷物の仕様や必要になる部数を決めておくことは大切です。
仕様や部数を決めておくことで発注作業がスムーズに進み、納期にも余裕が出てきます。
納期ギリギリに決めてしまうと、発注数にミスが出てしまうことや、印刷会社の注文状況によっては希望通りに対応できないこともあります。

また、アナログ原稿やCD、DVDなどのメディアを印刷会社に郵送する場合は、配送にかかる時間も計算して原稿の作成を進める必要があります。伝票など、日々の業務に必要不可欠なものの印刷依頼は、余裕を持って行うことが大切です。

メリットの大きいデータ入稿

従来、文字原稿は文字組版のための下書きの意味を持っていました。文字量の把握、組版の便のためには原稿用紙に書くことも少なくありませんでした。 しかし現在は、時代の流れとともにデジタル化が進み、印刷物発注方法もデータ化した原稿の入稿が主流となっています。PhotoshopやIllustratorなど、様々な専用ソフトで制作したデータを、メールやWEB上のサービスを利用して送信することができるのです。配送の時間を考える必要がないため、スムーズな発注が可能となります。

印刷伝票のご依頼は、ぜひ弊社にお任せください。歴史の古い弊社は、伝票の印刷に関する品質、技術に自信があります。そしてその上で格安でのご提供をさせていただいており、大量受注や納期の長さによっては激安でのご提供もさせていただいております。もちろんお急ぎの場合は短納期での発送も行っております。値段のお見積もりなどはウェブ上とFAXのどちらからでも可能ですので、どうぞお気軽にご利用ください。弊社ではWEB入稿、メール入稿、メディア郵送による入稿にも対応いたします。

Copylight 2014 Wakayama Printing Co., Ltd. All rights reserved.