CONTENTS

領収書と伝票の豆知識

領収書と伝票についての詳しい内容をご存知でしょうか。会社内外で領収書や伝票のやり取りをする時があります。
そういった時に伝票の意味合い、領収書と経費に関する知識などを知っておくと便利です。

領収書と領収証との違いは?

領収証は金銭を支払った人に対する証拠の証券で、受け渡しがあったことを証明する書類です。
取引明細書や引落明細書、レジスターで発行されるレシートなどもまとめて領収書と読んでいます。
つまり、「領収書」という伝票印刷が入った書類やのほか、たとえメモ書きであっても金銭授受を示す内容であれば領収証と同じで、その違いはほとんどありません。

領収書と伝票の違い

それでは領収書と伝票も同じ書類でしょうか?という疑問が起こりますが、こちらは違いがあります。
領収書は金銭の受領の証拠として役割を果たしているので、商品またはサービス内容における対価として発行される書類です。一方の伝票は、会社または商店における金銭の収支や取引内容を記入するので、金銭や商品取引の証拠書類ともいえ、伝票には種類がありフォームも決まっています。そして伝票のほとんどが複写式となっており、領収書はそうでないタイプがあります。

複写伝票の用紙について

複写伝票といえば、ボールペンなどの筆圧で複写するカーボン紙を挟むタイプ、または伝票の裏面にカーボンが印刷されているバックカーボンタイプがあり、現在はノーカーボンタイプが主流となっております。バックカーボンタイプは、カーボンによる汚れや伝票を焼却処分する際に発生する物質が問題となり、近年ではあまり使われなくなりました。

しかし、複写に優れた伝票ですから現在も根強い人気があります。複写伝票で使われている用紙の色は基本的に4種類となっており、ブルー・ピンク・クリーム・ホワイトとなっています。国内で生産されているメーカーは、どこも同じく4色となっています。

通販で格安の伝票印刷の会社をお探しでしたら、どうぞ弊社をご利用ください。
領収書はもちろん、様々な伝票印刷でオリジナルのものをお作りいたします。大量受注や納期の長さなどによって、激安なお値段でのご提供も可能です。また、お急ぎの場合は短納期で高品質のものをお届けいたしますのでご安心ください。お見積もりはウェブ上からとFAXからと、どちらからでも簡単にご依頼いただけます。弊社の通販で伝票印刷をどうぞお気軽にご注文ください。

Copylight 2014 Wakayama Printing Co., Ltd. All rights reserved.